本文へスキップ

鮨車屋は、加古川市で寿司一筋 創業以来変わらぬ味を守り続けています。

ご予約・出前承ります 079-437-2669
営業時間:AM11:00~PM10:00 定休日:第2第4火曜日

店主ご挨拶concept

店主ご挨拶

店舗

7月20日(金)は、「土用の丑の日」ですね。

「土用の丑の日」は、「鰻(うなぎ)を食べる日」だと思われている方が多いですね。
スーパーでも、「土用の丑の日」には、大量の鰻が陳列されます。

でも、これは、「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が店先に「本日丑の日」という看板を立てたら、大繁盛したことで始まったと言われています。
これが日本初のコピーライティングとも言われています。

土用の丑の日に合わせてウナギを出荷しようとすると、1月までに養殖を始める必要があるらしいんです。
なのに、ニホンウナギの稚魚が深刻な不漁に陥っているそうです。

例年だと11月ごろからウナギの養殖は始められるのですが、今年の夏に向けての養殖開始の最初の2カ月間で国内の養殖池に入れられたのは、わずか0.2トンしかいませんでした。

昨年の同時期は5.9トン、一昨年の2.9トンと比べても非常に少ない状況で、これまでにない、危機的な状況らしいです。

でも、鰻には、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD・ビタミンE・DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサベンタエン酸)・ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、疲労回復以外に、視力の低下や皮膚などを健康に保つ働きを持っていますから、暑い夏場に食べるのは、正解かもしれません。

高価な鰻ですが、鰻を食べて暑い夏を乗り切りましょう!

店主サイン

新鮮へのこだわり

新鮮

毎朝、午前4時30分に、店主自ら明石市公設地方卸売市場へ足を運び、店主の目にかなう新鮮なネタのみをを買い付けます。

生鮮食料品は、健康的で食生活に欠かすことが出来ない食材ですが、反面、腐敗が速いため商品価値が時間とともに急速に低下するという特性を持っています。

新鮮にこだわる車屋の味と価値がお客様にご理解と信用を頂戴し、今日まで40年以上営業できた結果と考えております。


加古川 寿司

shop info.店舗情報

鮨車屋

〒675-0126
兵庫県加古川市別府町本町2-10-2

ご予約・出前承ります
TEL:079-437-2669


電話

営業時間:AM11:00~PM10:00
定休日:毎週 火曜日

(定休日でも祝祭日は通常営業)

加古川 寿司
携帯・スマートフォンからの
お電話はこちらのQRコードから


兵庫県すし街道
兵庫県すし街道


全国共通すし券
全国共通すし券
ご利用頂けます。


全国共通すし券
Google+